跳ねるだんご

跳ねるだんご

仙台から。日常、好きなことについてあれこれ書きます

20分のクイックドロー!Photoshopリミッツ動画の3つの面白さ

f:id:hanerudango:20181211225355j:plain


LIMITSデジタルアートバトルをもとに、パパ@StudioT_pppさんのYouTubeチャンネル「おとうさんスイッチ」で配信されるPhotoshopによる20分クイックドロー動画。

お題をランダムに2つ決めて、即興で作品を作り上げる企画です。

Photoshopを使う人には勉強になるし、使わない人でも作品が出来上がっていく様子を見るのは楽しいと感じてもらえるだろうと思います。

 

今回はこの配信の3つの面白さをまとめてみました!

【パパ@StudioT_pppさん】

Photoshopで合成画像を作るYouTuber

意外過ぎる素材を駆使して作品を作り上げていく様子はまるで魔法のよう。

https://www.youtube.com/channel/UCIA94tBrYsTy5V03Rl98Cgg/featured

 

【LIMITSデジタルアートバトル】

 制限時間20分 直前で決まったテーマでアートを制作

PCと液晶タブレットを使用し完成までのプロセスを作品として評価

審査とオーディエンス投票で勝敗を決定する、競技型デジタルアート

https://limits.jp/

 

①動画としての面白さ

リアルタイムで作品が出来上がっていくのを見るのはわくわくします。

素材選びから始まり、完成までの20分は本当にあっという間です。

「お題をこんな風に解釈するのか」、「この素材がこうなるのか」

リアルタイムパフォーマンスならではの臨場感が雰囲気をより一層盛り上げています。

Photoshopを使わない人、絵を描かない人でもきっと楽しめるはずです。

制限時間終了間際のあの緊張感は、徐々にやみつきになること請け合いですよ。笑

 

②双方向の面白さ

パパさんのクイックドローはライブ配信されるので、コメントを介して双方向のコミュニケーションが取れるのが面白さの1つです。

作品を作る前後などで、コメントに気さくに返事を返してくれるのが素敵です。

また、視聴者からの「こんなのはどうだろうかと」という投稿は発想の宝庫でもあります。斬新な発想を見ると、「自分もそれ作りたい!」という意欲がグングン沸いてきませんか?

パパさんからも他の視聴者からもテクニックやアイデアを吸収できるのが双方向の面白さです。

 

③交流の場としての面白さ

Twitterでは、パパさんのファンを表す #スイッチャー というハッシュタグが活発になり始めています。

このタグは、自分の作品を投稿する際にもつける人が増えてきていて、合成画像やイラストなどを気軽に発信できるコミュニティーとして育ってきています。

同じ楽しみを持つ人とつながることはモチベーションになりますよね。

教え、教えられ、楽しみながらなにか新しい取り組みも生まれていく。

そんな交流の場として成長していくのではないでしょうか。

パパさん発のコミュニティー#スイッチャーの発展がとても楽しみです。

僕も#スイッチャーの一人として、どんどん投稿していこうと思っています。

興味を持ってくれた人は、まずは気軽にハッシュタグをつけてみましょう。

 

まとめ

パパさんの20分クイックドロー動画の配信には

①動画としての面白さ

②双方向の面白さ

③交流の場としての面白さ

という魅力があります。

 

そして、#スイッチャーはパパさんを中心としてこれから伸びていくだろうコミュニティーです。

動画を見て、興味を持った人はどんどん参加してみましょう!!