跳ねるだんご

跳ねるだんご

仙台から。日常、好きなことについてあれこれ書きます

【Photoshop】構図を意識すると仕上がりが劇的に良くなるという話【超初心者向け】

f:id:hanerudango:20181114201500p:plain

Photoshopで画像合成を始めたが、僕が作る画像はどこかイマイチなものだった。

一目見て素晴らしいと思える画像とは何が違うのか。

クオリティの高い作品の数々と見比べて気が付いたことは、「構図」がとても大切だということである。

「構図」を意識すると、それだけで作品のクオリティが驚くほど向上する。

とても簡単に効果が出るので、今回は構図について考えてみた。

 

 構図の効果

Photoshopの合成といえば、画像を切り抜いてユニークな合成画像を作れることが有名である。僕もそれがやりたくて始めたうちの一人だ。

でも、いざ合成画像を作ってみると、どうもしっくりこないことが多い。

印象が妙に雑多だったり、反対にスカスカだったりという画像が出来上がるのだ。

そこで、「これはすごいっ!!!」と思える画像を見て、その特徴を分析してみた。

その結果、きれいな作品にはいくつかの「構図」が共通していることに気が付いた。

 さしあたって、自分の作ったものを振り返りながらまとめてみようと思う。

①日の丸

f:id:hanerudango:20181114190944j:plain

日の丸構図

画面中央に主題をドンと配置する技法である。

映画のポスターなんかが分かりやすい。

「この人が主役の物語です!!!」と強調できる。

単純明快、主役を全面に引き立たせたいというときにおススメの構図である。

 

②三分割法

f:id:hanerudango:20181114191627j:plain

3分割法

作品の縦横をそれぞれ3分割し、その交点に強調したいオブジェクトを配置する構図。

写真撮影でも使われるメジャーなテクニックである。

この構図は閲覧者の視線を誘導しやすく、ストーリーを喚起させやすい。

取り入れるだけでちょっと工夫した感じが出せるので、悩んだときはまずこの構図をためしてみるのがいいと思う。

 

③対比

f:id:hanerudango:20181114193127j:plain

対比

作品の世界観の表現には素材の対比が重要である。

構図で奥行きを出すことで作品の深みを作れる。

サイズ感、奥行きはオブジェクト同士の比較でしか測れないので、それぞれの描写がより一層重要になる。

各素材のスケールが見る側にはっきり伝わらないと、その作品の世界観をぼやけさせてしまうことになる。

また、各要素の大小、配置、明暗、色合いなどで対比を際立たせることができる。

 

④視線

f:id:hanerudango:20181114194206j:plain

視線

作品を見る人は、キャラクターの目線を追うという傾向があるらしい。

つまり、素材の視線上に強調したいもの、メッセージを配置すると効果的に表現できるということになる。ポスターや、作品の主題の配置に役立てたい要素だ。

 ちなみに、上の図は視線が画面外を向いているため、右側の空間の印象が弱くなってしまった。これは失敗。

広告やポスターなど、文章を置く際はモデルの視線の先に配置すると視線を自然に誘導できる。

 

まとめ

・日の丸   主役を目立たせるならこれ!

・3分割法    迷ったらこれ!

・対比    要素の大小、左右上下の配置、色合いや明暗などでオブジェクトの差別化を図るべし!

・視線    モデルの視線は読者の視線に影響する。効果的な配置を心がけるべし!

 

「配置」と「要素の対比」を意識すると、「それっぽく仕上がる」ので作品のレベルはグッと上がる。

そして、良い仕上がりの作品を作れると画像合成の面白さはグッと増して楽しくなる。

 

「楽しさ」は次の作品にチャレンジする意欲になるのでとても大切だ。

小難しいテクニックもゆくゆくは大事になるが、継続には楽しむということが大切だ。

作品の仕上がりに迷ったら構図に立ち返ってみて欲しい。

そのうえで、楽しみながら応用を重ねていってみて欲しいと思う。